販売価格情報、熱中症クチコミ情報サイト

[広告] 楽天市場


熱中症対策グッズ 冷却ベスト 上位モデル アイスハーネス 保冷剤3個付きセット レディース 女性向きカラー ガーデニング 農作業 キッチン 暑さ対策 熱中症対策 クールベスト アイスベスト (DM便不可・ネコポス不可)


熱中症対策グッズ 冷却ベスト 上位モデルアイスハーネス レディース 保冷剤3個付きセット 「アイスハーネス」は「冷却ベスト アイスV(アイスブイ)」冷却効果と運動性を向上させた、上位モデルの冷却ベストです。 脇の下の冷却剤の位置調整が可能になり、的確な位置に冷却剤を配置できます。 ヒートストレスによる作業効率の低下を防ぐ、熱中症対策グッズです。 ■酷暑のなかで働く人の熱中症対策 冷却ベスト「アイスハーネス」は、酷暑のなかで働く人向けに作られた熱中症対策グッズです。 家庭やちょっとした外出時にも気軽に使えるレディースカラーを新たに揃えました。 ■血流を冷やして体温上昇を防ぐ 冷却ベスト「アイスハーネス」は、背中とわきの下の計三箇所に保冷剤が当たるよう設計されています。 涼を感じるのはもちろんですが、わきの下を効果的に冷やすことで、冷えた血流を全身に送り、体温上昇を防ぎます。 ■的確に冷却剤を配置 肩ベルトの調節により的確に冷却剤を配置できるため、脇の下にある大きな動脈の血流を冷やすことが出来ます。 従来品では各人の体型に合わせ冷却剤の位置変更を行う機能が無かったため、冷却剤がわき腹に配置されることも多く、内臓を冷やして体調を崩すこともありました。 「アイスハーネス」はその欠点を改善して「的確にわきの下に冷却剤を配置する」ことに重点を置いています。 ■着用感が良く疲労感が減少 身体に密着させるため冷却剤がぶらぶらすることなく、疲労と運動性の弊害をなくしました。 冷却剤がぶらぶらする場合、着用者が運動する際に冷却剤が動き、その際に発生する遠心力により、実際の冷却ベスト以上の重量が身体にかかり疲労感が増します。 密着させ保冷剤を固定させることで、「保冷剤の重みで肩がこる」といった欠点も改善されました。 ■インナー・アウターどちらにもOK 作業服の下に着用するインナーとしてはもちろん、アウターとしても気兼ねなく使えるようデザイン性にもこだわりました。 背中に反射テープを付けることで視認性も確保し、作業時の安全性にも役立ちます。 ■あらゆるシーンの熱中症対策 ガーデニング、家庭菜園、キッチン仕事、掃除などご家庭での熱中症対策に。 運動会やスポーツ観戦・バーベキューなどのレジャーなどにも。 ■適度に涼しく熱中症防止 アイスハーネスは「熱中症」による身体への弊害を最小限に食い止めるための「熱中症対策グッズ」です。 決して エアコンの効いた部屋にいるような状態にはなりません。 熱中症による身体的弊害・注意力の散漫、作業後に現れる弊害である食欲不振や不眠などを軽減するために、ご活用ください。 ★家族みんなで熱中症対策!キッズ用あります★ ⇒【子供用】アイスハーネス キッズはこちら ⇒【大人用】男女兼用 アイスハーネスはこちら 商品仕様 素材 ポリエステル、ナイロンメッシュ 本体重量約110g(保冷材3個装着時・約770g) セット内容ハーネス本体1枚、アイスパック3個 アイスパック(保冷剤)冷却持続時間:約4〜6時間要冷却時間:家庭用冷凍庫で6時間以上重量:1個あたり約220g大きさ:約15×14×2cm 販売・製造元赤城工業(株) 製造国日本(made in Japan) サイズ S M-L 適応胸囲(単位:cm) 70〜85 85〜100 ※商品はデザインなど一部改善のため変更される場合がございます。 <サイズ感について> ほとんどの方はM/Lサイズで大丈夫なように設計されております。 Sサイズは、細身の女性の方(身長155cm以下、痩せ型)や小学校高学年〜中学生のジュニアサイズに合わせて作られております。 製品の性質上、ぴったりフィットさせることで最大の冷却効果を生みますので、サイズで迷われる場合はお問い合わせください。 <冷却剤について> 冷却剤(アイスパック)の冷却持続時間はおよそ3〜4時間です。(炎天下など環境により持続時間は低下します) 日中いっぱいご使用の場合は、午前と午後の間に冷却剤をお取替えください。 予備の冷却剤が付いた「アイスパック6個セット」や、交換用アイスパックのご購入もご検討ください。 アイスハーネス関連商品はこちら女性用 冷却ベスト 熱中症対策グッズ レディース アイスハーネス 保冷剤3個付きセット アイスハーネスのココがポイント! ■ 的確にわきの下に保冷剤を配置 肩ベルトの調節により的確に冷却剤を配置。脇の下にある大きな動脈の血流を冷やします。 他の冷却ベストでは冷却剤がわき腹に配置されることも多く、内臓を冷やして体調を崩すこともあります。 ■ 着用感が良く疲労感が減少 保冷剤が身体にしっかり密着するためぶらつかず、疲労と運動性の弊害が減少。 「保冷剤の重みで肩がこる」といった欠点も改善。 ■ インナー・アウターどちらにもOK 作業服やスーツの下に着用するインナーとしてはもちろん、アウターとしても気兼ねなく使えるデザイン。 無地カラーは、背中に反射テープを付けることで視認性も確保し、作業時の安全性も向上。
価格:7,776円

熱中症パワーでセレプ気分

先週末から日本各地で豪雨が降り注ぎ、大雨による土砂災害、川の氾濫による洪水などが起こりました

奇しくも、町ごと水没したり、工場の爆発が起こった界隈が僕の故郷です

(写真:産経新聞から )

生まれは東京だし、高校卒業後は各地を転々としているので生粋の岡山人とはいえないのかもしれませんが、今も両親はじめ家族がそこで生活しています

小・中学校や高校の同級生が災害に巻き込まれる姿をSNSで見かけ、切ない気持ちになっていました

特に、今回の集中豪雨で水没した真備町を中心に、周辺には多数の友人宅があり、完全に自宅が水没してしまったという声もたくさん届いています

もしかしたらDMATとして出動するかもしれないと思い、身構えていたのですが、中国地方ないし隣接のDMATでまかなわれたようです

基本的に、DMATは被災都道府県の要請で動きます

要請されなければ出動しませんし、勝手に動けばむしろ混乱を生むので、お達しに従います

そういうわけで

「できることがあればしたい」

そんな気持ちだけが募ることになります

自分が行きたい時に行くのがDMATではなく、必要に応じて派遣されるのがDMATです

当たり前のことではあるのですが、今回改めて痛感しました

基本的にはDMATは日陰者ですから、どこの組織から誰が派遣されたかといったことが公になることはないと思います

ただ、救急医の友人たちのSNSから各地で活躍してくれている姿が見えてきて、励まされます

本当に感謝しています

自分も別ルートで何かできることを探さなくては・・・

こうした災害時、遠くからできることは限られています

いろいろやろうと思ってしまうのですが、必要十分なことをしなくては被災地にかえって負担を強いることになるので、注意が必要です

例えば、支援物資を呼びかける市民団体があります

行政と適切に連携を取っていれば良いのですが、そうでない場合は、全国から次々と送られてきた物資が分配されないまま積み上げられ、通行の邪魔になるといったことも発生しています

募金も、信頼がおける団体や行政窓口にしなくては、被災者に届かない可能性もあります

募金詐欺が発生する可能性も否定できず、悲しい気持ちになります

情報がまだまだ統合されておらず、何がどれだけ不足しているのかという実情を把握するのにすら時間がかかるので、発災直後における心構えとして、一つ提案しておきます

それは

「応援する気持ちを持ち続けること」

です

喉元過ぎれば……とはよくいわれますが、すさまじい速度で復興する部分がある反面、爪痕が残り続ける部分もあります

災害からの復興というのは当事者と外野にギャップが生まれる部分があるところだと思います

せっかくどこかに納税するなら被災地をふるさとにしてもらったり、今後旅行先に被災地を選んでみたりという応援を長年続けると、喜ばれるのではないかと思います

あと、僕は現地でボランティアに励む人の安全も気になっています

先日、雨が上がったその日に、地元中高生のボランティアが崩れた家屋の掃除などをする様子をTwitterで目にしました

とても尊いことなのですが、彼らの姿はTシャツに短パン、スニーカーでした

ぬかるみに足を取られたら大変ですし、瓦礫などで四肢に怪我を負ってしまいます

中高生であれば破傷風のワクチンを定期接種しているはずなので大丈夫!

とはなりません

下水まで湧き出ている状況下ですので、なるべく皮膚が傷つきにくい格好が良いと思います

もちろん破傷風のワクチンを追加接種していない成人は余計に注意しなくてはなりません

そして7月の猛暑のなかの作業です

熱中症にも気をつけなくてはなりません

怪我をしにくく、かつ通気性の良い服装

が肝心です

助けに行った自分が助けられる側にならないことは最も重要なことだと思います

これは自分の家や勤務先の掃除をするときにも同じことが言えますので、作戦「いのちだいじに」で乗り切ってほしいと思います

個人的に、現時点では友人に提供できる物資をリストアップして送りつつ、少ないながら金銭面でしかるべきルートに援助しようと考えています

先は長い

話題の熱中症をピックアップ!さあ今すぐゲットしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする