熱中症が抱えている3つの問題点

[広告] 楽天市場


【特別価格】東京西川 クールマジックプラス3点セット / シングル(送料無料) / クールマジック 西川 接触冷感 冷感 寝具 敷パッド 枕パッド 肌掛け 熱中症ゼロへ 丸洗い 快眠 ひんやり 夏 睡眠 【TBSショッピング】


“熱中症ゼロへ”プロジェクトの公式寝具に認定!東京西川の接触冷感寝具『クールマジックプラス』からお得な3点セットが登場! “暑くて寝苦しい”、“寝汗のベタつきが気になる”、“エアコンをつけっぱなしで寝ているので電気代がかさむ”…など、夏の睡眠でお悩みの方にオススメする「クールマジックプラス」。 寝具の老舗ブランド「東京西川」がすべてのノウハウを結集して作った快適寝具です。 接触冷感素材で“ひんやり感”を味わえ、暑い夜でも快適な眠りをサポート。 その実力から、日本気象協会が推進する「熱中症ゼロへ」プロジェクトの公式寝具に認定されています!! 「敷パッド」「枕パッド」「リバーシブルケット」の3点セットでお届けします。 3つ一緒に使えば、肌に触れる部分が全て「クールマジックプラス」になり、さらにひんやり心地よく眠れます。 カラーは2色 ブルー、ピンクの2色からお選び下さい。 Point.1 『接触冷感』に優れたハイテク素材で、抜群のひんやり感※! ひんやり感の秘密は、東京西川が開発したハイテク素材「クールマジック」。 “肌の熱をすばやく逃がすことによりひんやりと感じる感覚”である「接触冷感」に優れています。 体に触れる面すべてにハイテク素材「クールマジック」を使用しているので、寝返りを打つたびに、ひんやり感を味わえます。 ※接触冷感値においてPoint.2 吸水性が、綿の『約10倍』※ 特殊な繊維構造によって、素早く汗を吸収してくれるので、暑くて寝苦しい夜も嫌な汗のベタつき感も少なく、快適な睡眠をサポートします。 ※同社製品比 ※メーカー調べ JIS規格に準拠するPoint.3 速乾性が、綿の『約2倍』※ 吸い取った汗も素早く乾き、朝までサラサラが続きます。 ※同社製品比 ※(一財)ボーケン品質評価機構調べ Point.4 洗濯しても効果が持続する『消臭機能』※ 生地の中に、消臭効果のある特殊な素材を織り込んでおり、「汗の臭い(アンモニア)」や「加齢臭(ノネナール)」を抑えてくれます。 しかも、洗濯しても効果は持続します! ※(一財)ボーケン品質評価機構調べPoint.5 ふんわり♪『肌触り』抜群 肌に触れる面はニット編みに仕上げ、ふんわりと気持ちいい肌触りです。 ケットは、表が「綿100%のパイル地」、裏が「クールマジック」のリバーシブルタイプなので、季節に応じて使えます。Point.6 ご家庭の洗濯機で『丸洗い』可能 洗濯機で丸洗い(※1)できるので、汗をかく時期でも、いつでも清潔感を保てます。 晴れた日なら約30分(※2)で乾きます。朝に洗濯してら、その日の夜にすぐ使えます。 敷パッドは、四隅にゴム付きなのでつけ外しも簡単で、ズレ防止にも!敷布団にはもちろん、ベッドマットにもシーツ代わりにも使えます。 (※1)洗濯ネット使用 (※2)気象条件:晴れ、気温31℃、湿度60%(メーカー調べ) <クールマジックプラス 敷パッド> ●サイズ(約)/100×205cm ●素材/表生地:レーヨン70% ナイロン30%、裏地:ポリエステル100%、詰めもの:レーヨン65%、指定外繊維(キュートリー)35% ●カラー/ブルー、ピンク <クールマジックプラス 枕パッド> ●サイズ(約)/50×60cm ●素材/表生地:レーヨン70% ナイロン30%、裏地:ポリエステル100%、詰めもの:レーヨン65%、指定外繊維(キュートリー)35% ●カラー/ブルー、ピンク <クールマジックプラス リバーシブルケット> ●サイズ(約)/140×190cm ●素材/表生地(パイル:綿100%、地糸:ポリエステル100%) 襟・裏生地:レーヨン70%、ナイロン30% 中綿:レーヨン65%、指定外繊維(キュートリー)35% ●カラー/ブルー、ピンク 製品仕様●セット内容/敷パッド、枕パッド、リバーシブルケット ●製造/中国【返品条件】返品A;未使用に限り、返品・交換が可能です。東京西川 敷きパッド クール 涼感 寝具 東京西川涼感寝具、涼感寝具 西川涼感寝具  
価格:9,504円

今話題の熱中症本格情報

熱中症店舗直販売店

今回の豪雨による被害が出ている県で
チラシ協力をしてくださったもぐたろう捜索隊さんに安否確認をしたところ
お一人メールが返ってきてしまい
これはもしかしたら迷惑メール扱いになってしまっているかな?と言う感じなのですが、殆ど無事との連絡が来てホッとしています。
しかし、やはり一番被害の大きい広島の捜索隊さんは大変な被害を受けているとの事で、ご友人宅に身を置き、土砂と瓦礫の撤去に追われ、梅雨明けした昨日は暑く、土砂が乾き土埃が酷く、マスクが欲しいけど手に入れることは出来ず、手も洗いたいけど限られた水しかない為ままならないと。。。
お写真送って下さったのですが
水が引く前はこんな状態
町の皆さんでの作業は終わりが見えない状況とのことでした
そんなやり取りの中、昨日瓦礫の中から
パグちゃんが発見され、 元気にワンワン🎵と声をあげたそうです
ギリギリのところで助かった命
皆さん涙したそうです
飼い主のお婆さんは残念ながらパグちゃんとの再会は果たせなかったとの事。。
きっとお婆さんが守ってくれたのかもしれません
直接マスクや水など届けたくても
物流が滞っているだけに本当にもどかしい思いでいっぱいです
そして今日も府中町の川が氾濫し、被害が雨が上がっても拡大しているとの事
とにかく水が必要だそうです
どうか、どうか、陸路が難しいなら水をヘリコプターで投下して欲しいです
私がヘリコプター持ってたらと非現実的な事も考えてしまいます
どうか被災された皆さま
これから暑い日が続きますが
熱中症や、二次災害に気を付けて
頑張ってください💦
私たちが今出来ること
考えます
それにしてもここ数年
自然災害が多過ぎますね
もううちの地域は大丈夫
うちは大丈夫
私は大丈夫
は、通用しない時代になりました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする