クーラーボックス激安カタログ通販

[広告] 楽天市場


送料無料 クーラーボックス アイスランド#25 ホワイト( 小型 おしゃれ かわいい クラーボックス ミニ ミニクーラーボックス 保冷ボックス クーラー ボックス 小 クーラーボックス小型 保冷バッグ クーラーバッグ 保冷バック キャンプ用品 25l クーラーバック 25リットル )


☆☆商品仕様☆☆ ●サイズ(外寸):約W445×D297×H360mm ●材質:本体、フタ、ベルト/ポリプロピレン、フタパッキン/発砲ポリスチレン、断熱材/発砲スチロール ●容量:約25L ☆☆ここに注目☆☆ ▼持運びに便利な肩掛けベルト付 ▼フタが取り外せて、お手入れ簡単 ▼保冷剤使用量目安は750gタイプが2個 ▼収納本数は2Lペットボトルで約8本、1.5Lタイプで約7本 関連商品情報保冷剤<冷えが強烈!保冷剤> ・ガツンとこおるくん(ハードタイプ)350型 ・ガツンとこおるくん(ハードタイプ)750型 ・ガツンとこおるくん(ハードタイプ)1000型7Lタイプ <お弁当の保冷に丁度いいサイズ> ・フォレスクルー(ダークブルー) ・アイセル(アイスブルー) ・モンタナ(水色) 13Lタイプ <お弁当の保冷に丁度いいサイズ> 13Lタイプ(ちょっとゆったりめ) ・フォレスクルー(ダークブルー) ・アイセル(アイスブルー) ・モンタナ(水色) 25Lタイプ <スポーツ観戦やキャンプに最適サイズ> ・フォレスクルー(ダークブルー) ・アイセル(アイスブルー) ・モンタナ(水色)35Lタイプ <スポーツ観戦やキャンプに最適サイズ>(ちょっと大きめ) ・フォレスクルー(ダークブルー)・アイセル(アイスブルー)・モンタナ(水色)45Lタイプ<スポーツ観戦やキャンプに最適サイズ>(大人数楽しむ時に) ・フォレスクルー(ダークブルー)・アイセル(アイスブルー)・モンタナ(水色)
価格:2,680円

クーラーボックスの中心で愛を叫ぶ

クーラーボックスのことなら、なんでもかんでも情報局

今日みたいに涼しい日は、電車車内のエアコンが中途半端で暑く感じ、汗だくでどうしようもないクリオニです。

さて、誰も待っていないと思いますが、
本日より、7月2日から1泊で行ってまいりました栃木県栃木市出流町にあります『出流ふれあいの森キャンプ場』のレポをお送りしていきたいと思います。

途中見苦しい、イラついて仕方のないギャグなども飛び出してくるかも知れませんが、冷ややかな目で見守って頂けたら幸いです。

もともと先週末はキャンプの予定もなく、芝奴隷&洗車奴隷となる予定だったのですが、7月1日金曜日。ランチタイムの時にそれは突然やってきました。

クリ嫁より、お隣さん一家から『明日から栃木市にある出流ふれあいの森キャンプ場に突撃しますが、一緒にいかがですか?』とお誘いを頂いたとのLINEメッセージがきているじゃあ~りませんかぁ~びっくり

さすがです!お隣さん一家。出撃ならぬ突撃とのご連絡です。

気合い十分。まさに敵地へ攻め込むが如くの勢い。

特攻します!という言葉にいずれ進化するのでは?と思いましたが、そこは敢えて触れないでおきました。

そんなこんなで、クリ嫁からは鬼のようにどうする?とスタンプの嵐が。

はよう返事せい!との催促です。

キャンプの予定がなかったクリオニ。ウズウズ&悶々とした日々に終止符をぶちこむが如く、快諾の連絡を速攻でいれたのは言うまでもありません。

週末は天気も良かったはず(この時記憶あいまい)

絶好のキャンプ日和になるのは間違いありませんから断る理由などあるはずもない。

ただ午前中はクリ嫁の用事があるため、到着は早くても13:00前後になる見込ということで、お隣さん一家は先にキャンプ場へ。私たちは遅れて行くこととなりました。

そうと決まれば後は行動するのみ。帰宅後、夜のうちに積み込みをある程度すませて翌日に備えます。

翌朝6:00に起きてクリ嫁を駅まで送り、その間に洗濯、チビくりのご飯、洗い物、部屋の掃除をチャッチャッと済ませます。

朝飯を軽く食べたチビくりは待ち疲れて爆睡。この時10:00ぐらいですかね。

そして昼近くになり起きると、今度は早くキャンプへ出掛けたいと駄々をこねるチビくり。

双子のおねぇちゃんに早く会いたくて仕方がないようです。

さらに、腹がへったと言うのですが作るのも面倒なので、

ファミマの俵むすび弁当でご機嫌をとります。

そしてようやく用事を済ませたクリ嫁から連絡が。

クーラーボックスと幕と、残りの荷物を一人ぼっちで積み込みまして、

2列目シートも余裕の配置。クリ嫁のスペースしっかり確保です。

必須アイテムのオマルも鎮座。

早く出発しろというチビくりの不機嫌な顔を横目に、12:00前に最寄り駅へ迎えに。そのままキャンプ場へ向かいます。

はい。わたくしこの日6:00に起きてからずっと動きっぱなし。体力も残り僅かにもかかわらず、キャンプ場が俺を呼んでいる!と言わんばかりの勢いで奮い立たせます。

えっ!?なぜそんなに頑張るのだって!?

それはね、

家族の笑顔が見たいからです爆笑

けっしてクリ嫁から、『わたし午前中用事あるから、あんたに頑張ってもらわないと行けないわよ?』と言われたからではないと言うことを付け加えておきます。

この後は出遅れたということもあり、高速を使って現地へ。

1時間もしねぇうちにキャンプ場近くにあるファミリーマートまで来てしまいました。

すげぇちけぇ~びっくりびっくり

ちなみに栃木インターからナビ通りに来ますと、途中にスーパーのヤオハンと、ホームセンターのコメリもありますので、現地で買い出しする方はこちらで済ませた方が良さそうです。

ちなみにこのファミリーマート。

栃木尻内町店だそうです。お酒を飲む方、ヘパリーゼを買うチャンスはここが最後です。

あとはここからひたすらナビに従って真っ直ぐいくのみ。

途中鉱山?なんでしょうか。採石場みたいなところをひたすら進んで行きますと、

15分ほどで出流ふれあいの森へ到着です。

森林浴が気持ちいい爆笑

こちらは案内図。市営なんですね。

蕎麦屋にもなっている管理棟。

チビくりも超ご機嫌です♪

料金はこんな感じ。オートキャンプは2500円ですね。

フリーサイトであります キャンプ場(一般)
は驚きの1050円でした。

なるほど。フリーサイト人気なわけです。

森林組合と関係あるのかわかりませんが、薪は一束220円。安いびっくり間伐材をうまく利用しているみたいですね。

ゴミの分別ルール。袋は何でもいいみたいです。

管理棟の中には、

ミニイスキットがあったり、ミニテーブルが売られていたり、

ガーデニング用の木製プランターが、

沢山積まれて販売されてたり、

公園の長ーい滑り台で使用する貸し出し用の滑り台マットと、

バドミントンなど無料で借りられるコーナーがありました。

さっそくチェックインの手続きを済ませて薪も一束購入。

管理人の方も親切な方で好印象。

無事にチェックインを済ませて5番サイトを目指します。

先に来ていたお隣さん一家と合流。隣どうしです。ここのサイトは砂利になっているのでプラペグですと厳しいかもしれません。
ソリステ20は楽チンでしたが、40ですとかなり固く感じました。

広さはというと駐車スペースを含めずにだいたい7×5ぐらいの広さでして意外と小さかったのですが、

ある程度強引に設営することが可能です。駐車スペースの隙間を上手く活用すれば、一回り広く使うことも可能だと思います。

ちなみに今回は、ヘキサエヴォにケシュアの組み合わせでやってみました。
時間もないし、1泊なので楽をしようとケ
シュアを選択です。

これはこれで中々いいですねぇおねがい

でもこうして全体像を見てみるとスノピのクーラーボックスの存在感が半端ねぇです。

クーラースタンド代わりに、キャプスタのアルミベンチを利用しているのですが、同じくキャプスタのウッドラック4段と高さがピッタリになってます。

なんという偶然口笛

でもって、自宅の冷蔵庫より冷えているビールで、さっそく一杯やっつけました。
高い買い物でしたが、性能は折り紙つきですね。

酒呑みながら携帯片手にぐる~り

ぐる~り

酒を補充してさらにぐる~りと一周。

今回ヘキサエヴォのメインポールは280をベースに210で。

サブポールは240をベースに180としました。

狭いながらも何とか納まったのでよかったです。

お隣さん一家もチェックします。アメドLですね。相変わらずオサレにまとまっています。さすがママさん、オサレですおねがい

ふと見るとダッチオーブンが用意されていました。

お隣パパさん、煮豚を作るそうです。あれ?煮豚であってますよね?

準備をしているお隣パパさんを横目におねぇちゃん達とおやつタイムでくつろぎます。

もちろん私は酒を呑みまくっていますけどねニヤリ

3人揃ってコアラのマーチ。もちろん私も戴きましたチュー

目の前では美味しそうに煮えています。ダッチオーブン。やはりいいですね。クリオニ家はステンレスでいきたいと思いますが、やはりダッチオーブンは欲しいですね。

オートキャンプサイトの中心にある炊事場。お湯は出ませんが管理がいきとどいていて綺麗です。

このタイプのシンクがぐるっと囲むように配置されていて4つあります。

こちらがトイレ。

まぁまぁ綺麗といったところですね。でもじゅうぶんです。

こちらのトイレは密閉された空間ではありませんので、虫は入り放題ですから苦手な方には少々厳しいかもしれません。
何はともあれアウトドアですから慣れですかね。

サイトの前はちょっとした広場にもなってまして、そこでドッチビーで遊ぶ子供達。

お隣パパは、我が家のサーモス缶ホルダーを貸したところいたく気に入っておられました。

買うな。きっと。

お隣ママさんもめっちゃ楽しそうです。

このあとみんなブラブラと散っていきまして、

私もブラブラすることに。こちらは空いているサイト。

この日けっこうサイトは空いてました。

フリーサイトからみたオートキャンプサイトの様子。

この日、この空いているサイトが埋まることはありませんでした。

実は穴場だったりするんですかね?

こちらがフリーサイトの様子です。車の横付けはできませんが、空きがありませんでした。

安いし、広そうだし、人気なのがわかります。

ただ、フリーサイト側のトイレは簡易トイレでした。

川を挟んだ反対側からのツーショット写真。

むさ苦しいおっさん二人の図です。こうして見ると、ほんと緑が綺麗です。

緑がなければ、不快このうえない画となっていたことでしょう。

緑に感謝です。

サイト内を流れる川はこんな感じになってまして、

このようなポイントから川へ入ることができます。

沢蟹もいるみたいですよ。

フリーサイトはちょっと、高台にある感じなのがわかるかと思います。

といった感じで、この後は子供達&ママ達の公園エリアで遊び~からの、お風呂&夕飯~ときて、毎度恒例お隣夫婦のチチクリ大会『ちょっと◯◯してみない?』と続きますので本日はこの辺で。

長文、駄文にお付き合い頂きありがとうございましたm(__)m

次回以降もよろしくお願いいたしますm(__)mm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする