四季 平和は 与えられるものではない。

[広告] 楽天市場


■手書き花ろうそく【四季の花ろうそく】 10cm 6本入後半(7月〜12月の花)〈小池ろうそく店謹製〉【花ろうそく】【和ろうそく】【和ローソク】


■華やかな炎の揺らめきが 心を和ませる… 昔、花のない冬場にせめて、ろうそくに、お花を描いて お仏壇に灯したのが、始まりです。 お仏壇に 灯すと、より功徳があると言われております。 原材料は天然の植物ハゼの実を用いた手造り和蝋燭です。 ●サイズ : イカリ型 上径/下径φ 1.8/1.0cm × 長さ 10cm(芯を入れて) ●本数 : 6本 ●燃焼時間 : 約1時間20分 ●原材料 : ハゼの美 ●柄 : 朝顔、ゆり、コスモス、りんどう、菊、つばき ●パッケージサイズ : 横 16.6cm × 縦 11.7cm × 高さ 2.5cm ▼和ろうそくの必需品【ろうそく消し・芯切りばさみ】はこちら ■仏事のご進物用以外にも、可愛くラッピングしてプレゼント包装もいたします。 お買い物の際、備考欄でご指示ください。 葬儀、忌明け、年忌法要等にお届けされると、喜ばれます。 先方様への直送も可能です。 仏具 なら『線香・ろうそく・仏具の小澤佛具店』にお任せください レビューを書くと5%OFF・レビュー特典・レビュー・特典・御供え・御供・お彼岸・お盆・お供え・おそなえ ・手書き絵ろうそく・手書き絵ローソク・絵 ろうそく・絵ろうそく・手書き絵蝋燭・和 ローソク・和ローソク・和 ろうそく・和ろうそく・和 蝋燭・和蝋燭 ・和 ロー・和ロー原材料は天然の植物ハゼの実を用いた 【四季の花ろうそく】 後半(7月〜12月の花) 四季折々の花々を見て、私たちは季節を感じ、 四季折々の花の香りに心を和ませます。 華やかな炎のゆらめきが心を和ませてくれる 手書き花ろうそく 【四季の花ろうそく】 です。 原産地九州・四国と、主に温暖なる地に成育する 天然の植物、ハゼ科の木から搾取した実、木蝋を用いた手造り和蝋燭です。 頭部切り口には、手造りならではの年輪模様を見ることができます。 新潟越後は豪雪地帯のため、雪に閉ざされ お仏壇に供える仏花はなく寂しいものでありました。 そんな思いから、ろうそくに花の絵を…。 仏にお供えする仏花の代わりとして 「花ろうそく」 は生まれたと言い伝えられています。 火をともし消え行く花ろうそくの 「花」 は仏に届くとものと聞きます。 月命日のお参りに、花ろうそくをお使いください。 日常は火を灯さずお供えいただければ、 仮にお供えのお花が枯れた時でもご先祖様に対して失礼になりません。 【越後 手書き花ろうそく】 小池ろうそく店謹製 明治26年雪国越後で創業、 明治神宮に献上奉納連続10年以上の実績を誇る 小池ろうそく店。 越後の職人たちが 厳選された原料と秘伝の製造技術により 油煙の少ない日本伝統の灯りを作り上げました。 人はなくなると五十回忌をもって 浄土に行けるといわれています。 その間には、様々な厳しい行場を通らなければなりません。 未だ成仏できない餓鬼がたくさんいて 浄土の邪魔をしにきます。 お寺様が法要の時にお花を散らす作法を 「散華」(さんげ)といいます。 花で餓鬼を供養する意味があるそうです。 絵ろうそくに火を灯すことは、 その散華と同じ意味を持ち、功徳になるのです。 お盆やお彼岸、年忌、月命日は、 特に厳しい行場を通るといわれています。 ぜひお経と共にろうそくに火を灯してあげてください。 特に三回忌までの仏様には、 より以上に火を灯してあげてください。 ■朝顔、ゆり、コスモス、りんどう、菊、つばきを 手作業でろうそく一本一本に描いた一品です。 (手作業のため、写真とは微妙に異なる場合があります。) 朝顔 ゆり コスモス りんどう 菊 つばき ローソクは、上部の径1.8cm 下部の径1.0cm 高さ10cm。(芯を入れて) 燃焼時間は 約1時間20分、各絵柄1本ずつがセットになっています。 ▼【四季の花ろうそく】シリーズは3種類 前半(1〜6月の花) 後半(7〜12月の花) 1年(1〜12月の花) ▼和ろうそくの必需品【ろうそく消し・芯切りばさみ】はこちら
価格:3,348円

四季でさらにお得に

大学に入ってから四季デビューした奴ほどウザい奴はいない

2018.6.30(土)
東京都町田市野津田町にある

町田薬師池公園に行ってきましたわんこちゃん


週末、ハロわんこちゃん連れて何処へ行こうか!?

暑くなってきたので早朝から行けて

遠征するでもなく程よい距離で車

公園と寺社がセットになっているとか乙女のトキメキ

そんないい場所はないかな~と、

探してみたらウインクありましたよ!


ジャジャジャジャーン!

町田薬師池公園


駐車場は午前6時から、

最初の1時間は無料だそうです。

町田リス園のすぐ近く、

鶴川と淵野辺の中間位になるかな!?


最初に、ハス田が広がります。

大賀ハスと言うらしい音符
千葉の検見川遺跡から発見された種が
発芽に成功したものなんだって!

2000年位前のハスと推定されました。
それって、かなり凄いんじゃんびっくり
どうやら、これから夏に咲くみたいデス音符

アジサイ園あじさい

紫陽花は既に盛りを過ぎてた。

梅雨明けしたんだもんな~

今年は仕方ないですねむらさき音符


何やらモニュメントがびっくり

自由民権の像キラキラ

芝生広場はワンコは入れませんわんこちゃん

こちらが、薬師池キラキラ

福王寺溜池と呼ばれていたらしい。


太鼓橋に来たよわんこちゃん

まだ8時前なんだけど、
かなり暑くなってきました晴れ

亀がいたカメ

売店もありました。


花菖蒲田

残念ながら花菖蒲は終わってたけど、
紫陽花が迎えてくれましたあじさい


水車小屋だよ~わんこちゃん



薬医門
萬葉草花苑はワンコ禁止デス!

旧荻野家住宅(東京都指定有形文化財)


上がれないなけど、
土間には入っていいみたい。

こういう景色には、
日本のワンコの方が似合うかもねむらさき音符

やくし茶屋
まだ準備中でありました。

薬師池は、1982年に「新東京百景」、1998年には「東京都指定名勝」に指定。
さらに、2007年に「日本の歴史公園100選」に選定された町田市を代表する公園です。
園内中心部には池があり、梅、椿、桜、花しょうぶ、大賀ハス、新緑・紅葉等、四季折々の彩が訪れる人々を楽しませてくれます。
また、江戸時代の古民家2棟(旧永井家住宅と旧荻野家住宅)が移築されていて、当時の暮らしなどを感じることができます。

池のほとりの「やくし茶屋」では甘酒、抹茶等をお楽しみいただけます。

(町田市HPより引用)


そうそうむらさき音符マルちゃんという

1歳6ヶ月のワンコと挨拶しましたよよろこび

互いに相性良かったみたいで、

珍しく長いこと一緒にいました。

写真撮りたかったんだけど、

マルちゃん、ご機嫌さんで動き回り

残念ながら、またの機会デス爆笑


では、いよいよ薬師堂を参拝します。

ってなことで、後編に続きますわんこちゃん

ご覧いただき、ありがとうございます!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする